中国周辺安保関連(日米印演習、イージス事故、中国の脅し

 11日朝日・読売。日米印の「海軍」がインド洋で海上訓練。中国潜水艦警戒訓練か。

→ 昔だったら左派が騒ぎそう、でも今では麻痺してるのかな?訓練自体は妥当。

 22日読売夕刊・朝日夕刊。米イージス艦衝突事故。米CNNなどによると、イージス側のミスの可能性があると報じた。

→ こ、これはみっともない。ロクに監視もしてなかったらしい。米軍って、米国グリーンカードが欲しい外国人が多数従事していたりするから、言葉の関係で連携不足もあったのかも。

 25日読売夕刊・朝日夕刊・毎日夕刊。中国軍戦闘機J10 2機が、米海軍偵察機EP3を東シナ海国際海域上空で飛行妨害。約90mにまで接近。

→ 勝手に設定した防空識別圏スクランブルかけたつもりかもしれないけれど。やり方を分かってないよねぇ。国際海域上空なんだから偵察したって勝手。仮に中国の防空識別圏を認めたところで、して良いのは領空侵犯しないよう監視と追尾と(国際周波数などによる)警告だけなのに。

 25日毎日夕刊。ベトナム南シナ海での石油掘削を停止した。「中国の強い警告」を受けて、と発表。

→ 軍事力で脅されたらしい。着々と進められている九段線内の中国EEZ化。酷い。